noripの海外旅行記

海外旅行が大好きなnoripのブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最高に楽しかったペルー旅行

日本料理屋「DAIMARU」
海外での日本料理屋は外れが多いのだけど、ここは本当においしかった♪
旅の仲間19人と朝長さん&カルメンさんに感謝の気持ちを込めて「乾杯~!」
こんなに素敵なメンバーのツアーも初めてだなぁ~♪
後ろのテーブルにはマグロ漁船の漁師さんたち。
3年に1回しか日本には帰らないそうです。
「もう1日ペルーにおったらご馳走してやるそいから」と言ってました。残念!
DH000373.jpg
DH000374.jpg

救世主「ダイアモックス君」
高山病で苦しむ私にダイアモックスをくれた一人旅のM君。
かばんは一澤帆布で統一、帽子も靴も服もとってもおしゃれ。
実は今回のツアーの影のリーダー?
DH000372.jpg

ニューヨークでの入国審査のこと。
女性審査官が「・・・・?」と英語で質問してくるけど全然わからない。
英語ぺらぺらの月ちゃんに代弁してもらいました。
審査官「あいつ(私)は、なにじんか?」→「日本人です」
審査官「混血か?純血か?」→「純粋な日本人です」
審査官「日本人なのに、どうして髪が茶色いのか?」→「染めてます」
審査官「何の仕事をしてるのか?」→「教師です」
などなど。
怪しいヤツに思われたのかしら?
失礼な!!
それよりも私は、ショルダーバッグにコカの葉のクズが残ってて、ワンちゃんが出てきて噛みつかれやしないかドキドキでした。
DH000375.jpg


スポンサーサイト
[ 2011/04/28 18:13 ] ペルー 2005.08 | TB(0) | CM(0)

ナスカの地上絵

再び空港に戻ってみると、機長さんたちが私たちに手を振っています。
えらくサービスがいいな~と思っていると、ナント!、セスナの準備OKの合図だったのです。
どうせまた空港で待たされるんだろ~と勝手に判断していた私はトイレに行ってない!
まずい!
空でぐるぐる旋回してるときにちびってしまうではないですか?
「カルメンさ~ん、トイレ、もうだめですか?」と半泣き状態で聞くと、一瞬ためらったカルメンさんだけど「大丈夫、行っておいで!」と背中を押してくれた。
ダ~ッシュ!!!!
手洗いもそこそこにセスナに走り乗る私。
月ちゃん「え”?えらく早かったね???」
一応、ちゃんと手も洗ったから、誤解のないように!
DH000367.jpg
DH000368.jpg

いよいよナスカの地上絵!
はぁ~い、お待たせしました!って、待たせすぎダ~!!
DH000366.jpg

地上絵は、紀元100年~800年頃に刻まれ、黒い地表の石や砂をのけてわずか数10センチの溝の深さで描かれています。年間を通してほとんど雨の降らないこの地方の気候により、長い年月消えることなく残っていたようです。しかし、気候の変化などで少しづつ消えていってしまっているそうです。

地上絵の存在はかなり前から知られていたけれど、世界的に有名になったのは1939年ポールコソック氏によります。しかし、これ以前にパンアメリカン・ハイウエイの建設が進み、道路によって地上絵は傷つけられたり分断されてしまっているのです。

一体誰が何のためにこのようなものをつくったの?
焼けた土器片から熱気球利用説、ミイラから鳥人説、宇宙人説などもあります。
マリア・ライへ女史は、地上絵はナスカのカレンダーだったとし、絵は神だった星座を意味していると解いています。事実は謎に包まれたまま・・・

セスナから地上絵の写真をがんばって撮ったものの、はっきりくっきりわかるのは宇宙人だけ。
DH000355.jpg

大橋 隆さんのサイト「Great Bridge」の「ナスカの地上絵」のページにすべての地上絵が説明つきでまとめられているので、こちらを参考にしてください!
http://www2s.biglobe.ne.jp/~t-ohashi/nazca.html


[ 2011/04/27 22:33 ] ペルー 2005.08 | TB(0) | CM(0)

コンドルは・・・飛んでいかない

ナスカの地上絵にやってきました!

しか~し、まずは、空港で保護してるコンドルのペペちゃんと記念撮影です。
ぺぺちゃんは人間に育てられたため、まだ飛ぶことができません。
飼育員さんと飛ぶ練習をしています。
おぉ!時々大きな羽を広げるんだけどねぇ・・・。
写真撮影のポーズはなかなか様になっていて、やっぱり野生よりアイドルを続けたいのかしら?
ぺぺちゃん、つっついちゃ、やぁ~よ!
DH000328.jpg
DH000337.jpg
DH000338.jpg

リャマの明石家さんま。
葦を食べないので歯が伸びきってしまっているらしい。かわいそ~
DH000344.jpg
DH000345.jpg
DH000346.jpg


いよいよナスカの地上絵!
・・・まだまだ、ちゃんと説明を聞いてからなのです!
地上絵の星座説について、説明を聞きました。
DH000350.jpg

セスナは3人乗りから12人乗りがあって、どれに乗るかは直前にならないと分かりません。
なので、ツアーの私たちは乗る順番をくじ引きで決めました。
ツアーの第1陣は12人乗りで出発。
その間に、私たちはナスカグッズのお買い物。
おひつじ座は犬ということなので、犬の地上絵の石を買いました。
DH000325.jpg
DH000326.jpg

第1陣のセスナから白人さんがゲロゲロになって降りてきた。
げ!そんなに酔うのかぁ~・・・ 怖いよ~・・・
朝長さんの指示に従って、酔い止めをみんなで飲みました。
これで大丈夫・・・

ところが
待てども待てども、第2陣の搭乗のお呼びがかかりません。
そしてついに、「空が混んでいるから、次はいつ飛べるかわからない」といわれてしまったのです!
なぬぅ~!
ペルーまできて、説明まで聞いて、酔い止めまで飲んだのに、ナスカの地上絵が見れないなんてことになったらどうしてくれよう~?
とっても不安になる。

待っていても仕方がないということで昼食のためホテルに戻ったのですが、食べた後に急に飛ぶことになったら吐きそう?なので、少しだけにしました。
お願い、神様!
地上絵を私に見させてください!


[ 2011/04/25 18:11 ] ペルー 2005.08 | TB(0) | CM(0)

ワカチナ湖

2005年8月10日
ナスカ

いよいよナスカの地上絵!
・・・といいたいところですが、ナスカの地上絵は、昨日飛べなかったお客さんが朝一番に飛ぶので、時間変更になってしまいました。
予定にはないけれど、ワカチナ湖という砂漠の中のオアシスへ行くことになりました。

砂漠の中に水が湧き出て湖を作っているそうです。
昔、ワカチナという歌の上手な王女が水浴びしていたら、鏡に狩人が映った。王女は、襲われると思って逃げたけれど、濡れた服が巻きついて転んでしまった。その時に鏡から水、服から砂がでて王女は人魚になってしまったという言い伝えがあるそうです。
DH000319.jpg
DH000322.jpg

カルメンさんと♪
DH000317.jpg

この鳥を見たら幸せが来る・・・らしい。
見たぞぁ~見たぞぉ~!
DH000321.jpg

砂漠のてっぺんに人影が!
今からサンド・ボード?いや、愛を語り合ってる?
DH000323.jpg
DH000324.jpg

ドライバー、朝長さん、カルメンさんと。
DH000371.jpg


[ 2011/04/21 18:09 ] ペルー 2005.08 | TB(0) | CM(0)

最後のお買い物

プーノの街
DH000309.jpg

フリアカ空港で最後のお買い物。
アルパカ製品などが買える最後のチャンス。
そういわれると、ついついまたベビーアルパカのセーターを2枚買ってしまいました。
DH000313.jpg

アレキパ経由にてリマへ。
ガイドのカルメンさんが再びお迎えしてくれた。
カルメンさんの顔を見るとなんだかホッとする。
砂漠の中を4時間ほどドライブ。
砂漠の景色を楽しみたいところだけど真っ暗で何にも見えません。
それよりも睡魔に勝てず、熟睡へ・・・

ホテル:ラス・ダナス・サン・リゾート
コテージタイプのかわいいホテル。部屋はびっくりするくらい広くて、ベッドも3つ。すご~い!
DH402.jpg DH401.jpg

救世主「月ちゃん」 バファリンで私の頭痛を救ってくれて、ありがとう~
DH000315.jpg


[ 2011/04/19 18:07 ] ペルー 2005.08 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
メッセージ
ブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪
プロフィール

norip(のりぴぃ)

Author:norip(のりぴぃ)

カレンダー(月別件数付き)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。