noripの海外旅行記

海外旅行が大好きなnoripのブログです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初めてのソウルから帰国

初めてのソウル
それも、一人旅。

空港からバスで移動するとき、まわりがハングル文字だらけなので
「どうしよ~、全然わからない!」
と思い切り不安になった

でも、なんとか無事に市庁でバスを降りることができてからは、そんなことはお構いなし。
NANTAに行ったり、
変身写真館でファンジニに変身したり、
スーパーで買い物したり、
めちゃくちゃ楽しいことばっかり!!!
宮をじっくり観光したり、
DMZ&板門店を命がけで見学したり?
勉強になることも沢山だった。

今回の、7月26日~8月1日の1週間だけでは、まだまだ足りない!
必ず、近いうちに、再びソウルに行かなくっちゃ!
と心に決めたnoripです


スポンサーサイト
[ 2010/07/04 10:25 ] ソウル・坡州 2009.07 | TB(0) | CM(0)

「韓国の兵役」のちょこっとメモ

日本には、兵役自体がないので、ちょっとイメージがわきませんよね。
韓国の兵役についてちょこっとメモです。

韓国の男性は、19歳になると「徴兵検査」を受けます。
7級は再検査、
5、6級は軍役免除・・・ぺヨンジュ?
4級は共益勤務要員・・・キムレウォン?
1~3級までは現役兵と言って、約100日間の新兵訓練を受けます。
そして割り当てられた部隊に入隊します。

大学2年生のときに入隊するケースが最も多いそうです。
選ぶことができる入隊時期は、大学受験に失敗した浪人生。
3浪になると入隊の先送りは許されないそうです。
兵役の期間は場合によって異なり、陸軍で26ヶ月、海軍で28ヶ月、空軍で30ヶ月。

軍隊では軍法に従った集団生活を行います。
毎日銃の使い方や武術を習い、戦争が起きたときに対応できるようにしています。
休みは月に1回程、その時だけ自由時間が設けられます。
訓練中、睡眠時間は毎日2、3時間。
重装備で50キロを1週間毎日歩いたりもします。
2ヶ月目まで風呂には入れず、食事時間も1分しか与えられません。
その後各基地に配属されます。
北朝鮮に亡命する兵士がいるほど、国境警備の基地は厳しいです。
軍は兵士が逃げ出さぬよう、身元のはっきりしている者を国境付近に配属することが多いのです。

恋人がいる男性にとって、この兵役は後ろ髪をひかれる思いだとか?
「あなたを愛してる
「あなたのことをずっと待っているわ
と言っていた彼女は、必ずといっていいほど、新しい恋人を見つけるそうです。
愛情が深すぎるから。
ところが、彼女を忘れられない男性は、軍を抜け出して、人生を台無しにしてしまう人もいるそうです。
なので、兵役に行くときの心得として、
 ★恋人のことは忘れろ
 ★恋人の心変わりは、気にするな
なんて、最近では言われてるそうです。


韓国の法律では怪我や病気、脱走などで兵役から免れようとした場合、懲罰は殺人や放火に匹敵する程重く定められています。
韓国では兵役を済ませたか、あるいは免除された人でないと企業に採用しないケースが多いそうです。


[ 2010/07/03 07:06 ] ソウル・坡州 2009.07 | TB(0) | CM(0)

無料空港送迎サービス

2009年7月31日
昨日の夜22:00ごろホテルに戻ると、
「明日の朝9;30に、イノセントの車が迎えにきます」と言われた。

イノセント系列ホテルに泊まった場合、2名から無料送迎サービスがあったけど、
私は一人なので、往路は利用できなかった。
復路に、同じ便で帰国するお客さんがいれば、同乗できるといわれてたけど、
メールの返事がこないので、あきらめていたところにうれしい連絡。
重たいスーツケースをもって移動せずにすむから、やったね~!

ところが、帰国の朝、イノセントの車には誰も乗っていない。
私の後に、どこかにお迎えに行くのかな???
と思っていると、タクシーはビュンビュンぶっ飛ばして、空港に到着した。

「え???私、一人だったんですか?」
と若いドライバーに聞くと、日本語はわからないようだけど、にっこり笑顔。
なんとも、出血大サービスだったのだ!
このサービス、今はやってないようですが、復活してほしいなぁ~

帰国便の空弁は「しぐれ」でした。


[ 2010/07/02 06:07 ] ソウル・坡州 2009.07 | TB(0) | CM(0)

大祐旅館のカレーライス

2009年7月31日
大祐旅館での、最後のオモニの朝食です。

so99.jpg

今日は、カレーライス。
炊飯器が2つあって、1つにご飯、もう1つにカレーが入ってることにびっくり。
ハム&目玉焼きも、毎日おいしかったです~

オモニ、毎日ありがとう


[ 2010/07/01 07:07 ] ソウル・坡州 2009.07 | TB(0) | CM(0)

地下鉄の困った事件

2009年7月30日
ソウルの地下鉄を乗りこなして「へへん」と自信過剰になっていたら、罰があたった。

明洞の地下鉄を下に下りたところ、反対方向の乗り場しかない!
今までは、降りれば両方向の乗り場があったのに・・・
明洞は階段を降りるときに、どちら行きか選んでから降りないといけなかったのだ。
ま、戻ればいいさ、と上に上がったものの、反対側のホームに行くには、t-moneyを通さないと改札を出られない。
駅員さんもいないし、どうしよう~と困っていると、若い男性が「どうした?出たいのか?」のジェスチャーをする。

「あっちのホームに行きたかったのに、こっちに降りてしまったんです」
「ここから出たいけど、T-moneyを通さないと出られなくて、通さないとダメでしょうか?」
というジェスチャーする私。
まるで伝言ゲームのよう。

たぶん日本語は全くわからないであろう男性は、うんうんとうなづいてちょっと考える。
突然何かひらめいたようで、「こっちへ来い」と改札の向こうから誘導してくれた。

無事、出られた私、どこから出たかというと、車椅子専用の出口から出ちゃったので~す

ソウルの地下鉄では、ときどき物売りがいるというのは聞いたことがあるけれど、この日は、盲人のアジョシがざるかごをもって歩いていた。
?と思っていると、アジュマが1000wあげていた。
カンボジアでは障害者に、エジプトやインドでは富める者が貧しいものにというのがあたりまえのことだったけど、
この大都会のソウルの地下鉄で?とちょっと驚いた私です。


[ 2010/06/30 07:00 ] ソウル・坡州 2009.07 | TB(0) | CM(0)
FC2カウンター
メッセージ
ブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪
プロフィール

norip(のりぴぃ)

Author:norip(のりぴぃ)

カレンダー(月別件数付き)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。